鶴居木炭

★北海道釧路鶴居村産 鶴居木炭

北海道釧路 日本伝統の黒炭は匠の技で作られている。高さ約2メートルのドーム形の壺の中に入り、いぶしたての木炭を手で持って重さを確かめる。悪い炭は麸のように柔らかくて軽い。その選別をして出荷する。炭が出来るまの工程は火入れから出荷までおよそ半月もかかる。とても手間のかかる作業である。釧路は炉端文化が盛んであり、その炉端文化を支えているのは鶴居木炭である。