木炭一つで絶対に味は変わる!

おはようございます!WOOP’sのYu→です。

先日のKURUKURUCHURRASCOでバウムクーヘンを…という記事で紹介させてもらった鶴居木炭。ステマでもなんでもなく、本当に炭一つで味が変わるんです!

今年の夏に炭の違いを知りたく、一つのグリルで両方の炭を燃やして違いを検証。右が鶴居木炭。左が海外製マングローブ木炭。

大体、最初に鶴居木炭に着火。そして次にマングローブ木炭に着火。ん?マングローブ木炭に着火した途端、嫌な匂いが立ち込めてきました。。。刺激臭です。そして頻繁に爆ぜる。では鶴居木炭は?安定した感じで燃えています。これだけでも違いが明確にわかりました。

そして暫く放置。戻って見ると、、、

わかりますか?マングローブ木炭の灰の量。既に真っ白です。一方、鶴居木炭は灰こそ出ていますが、そこまで多く無く、そしてまだまだ燃焼時間は続きそう。

同じ炭でもここまで明確な違いが出るのです。どうやら揮発成分を比較すると国産炭5%前後、マングローブ炭40%以上と断然に違うのです。そりゃそうなるでしょう。

安くても燃焼時間が短くては、燃やす量が増えますのでコスパはそこまで良くないです。そして何よりも食材を調理する為に使うのが木炭です。その木炭から刺激臭、嫌な匂いが出て、これが食材についてします。これでは折角の食材も台無し。なら、少しでも良い炭を買って、匂いが出ない、燃焼時間が長い木炭を買うほうがよほどコスパは良いと思います。

かと言って、備長炭や白炭なんかは高い。そこで鶴居木炭です。この炭は備長炭程の高価な炭では無くとも、火持ちが良い、爆ぜることが少ない、嫌な匂いが少ない。釧路の炉端焼きで使われる程の炭。それがそこまで高い価格じゃなく手に入る。そう考えると本当にオススメです。

簡単ではありますが、国産木炭と海外木炭の違いは分かっていただけたでしょうか?折角の食材を活かす為にも良い炭で調理を楽しんでくださいね!

WOOP’s Yu→

 

★SSP OutDoor Products
WOOP’s
https://woops-outdoor.com/

★WOOP’s商品はこちらで!
ヨドバシカメラドットコム
http://www.yodobashi.com/product/100000001003691764/

★正社員雇用に特化した人材派遣会社
株式会社エス.エス.ピー
http://ssp-os.co.jp/index.html

★奥横浜のカフェ
CIMOLO CAFE yokohama
http://www.ssp-os.co.jp/cimolo/

 

About The Author